東北支部の活動

東北6県の駐車場内の車両事故実態を調査 (2013.7.8)

東北6県の駐車場内の車両事故実態を調査

〜車両事故の28.3%が駐車場で発生。注意喚起を呼びかけ〜


駐車場事故の実態駐車場事故の実態

 日本損害保険協会東北支部(委員長:原田 肇・日本興亜損害保険株式会社 常務執行役員東北本部長)では、車両事故実態に関するモニタリング調査(対象期間:2012年1月〜12月、対象地域:東北6県、サンプル数:268,019件)を行いました。
 調査では、車両事故の28.3%が駐車場内で発生しており、駐車場内の事故は一般道路上等の事故と比べ、壁・フェンス・街灯等の施設物との接触事故が7.9%高いことがわかりました。  
 前回(2011年)の調査と比べると、駐車場内事故の発生割合は3.5%減少していますが、依然として多くの事故が駐車場内で発生しています。
 軽度の事故が多い駐車場内の事故ですが、私有地であると警察が介入しないことが大半を占めることから、問題の解決には多くの時間と労力を要し、当事者にとって多大な負担となっています。

 当支部では、駐車場管理者の協力をいただき、ポスターやマグネットを利用して「注意喚起・安全確認の励行」を呼びかけていきます。また、駐車場管理者用に作成した冊子「駐車場事故の実態」を当協会ホームページにPDFデータで掲載し、駐車場での事故削減に役立ててもらうようにします。

 モニタリング調査の結果は次のとおりです。

1. 車両事故の割合(2012年1月〜12月)


駐車場内75,737件28.3%
道路上他192,282件71.7%
合 計268,019件100.0%

※前回(2011年1月〜12月、162,395件)の調査では、駐車場内事故は31.8%(51,651件)。

2. 駐車場内事故の概要


駐車場道路・その他
施設物(壁・フェンス・街灯等)との接触22,341件29.5%41,501件21.6%
自動車同士の接触・衝突41,569件54.9%118,689件61.7%
落書き・飛来物等による損傷5,574件7.4%16,183件8.4%
当て逃げ2,129件2.8%1,608件0.8%
盗難147件0.2%94件0.0%
その他3,977件5.3%14,207件7.4%
合 計75,737件100.0%192,282件100.0%

・駐車場内の施設物(壁・フェンス・街灯等)との接触および車両同士の事故の合計は84.4%。
※前回(2011年1月〜12月)の調査では、85.3%(44,037件)。



駐車場事故防止ポスター(A3版)

関連リンク

駐車場事故の実態