契約概要・注意喚起情報(重要事項)に関するガイドライン

 当協会では、消費者が保険商品を的確に理解できるよう、金融庁が定める「保険会社向けの総合的な監督指針」の内容を踏まえながら、各会員保険会社が保険商品の「契約概要」および「注意喚起情報」に関わる情報を提供する際の参考に供するための「契約概要・注意喚起情報(重要事項)に関するガイドライン」を制定しています。(2017年4月改定)

 なお、2013年9月の本ガイドライン改定にあたっては、協会長の諮問機関である「お客さまの声・有識者諮問会議」の下部に設置された「よりわかりやすい募集文書・説明のあり方に関するタスクフォース」でとりまとめられた報告書に基づき検討を行っています。
 報告書では、重要事項説明書を「消費者にとって読みやすく」、「募集人にとって使いやすい」ものにするため、情報量を大幅に削減し記載方法などを工夫することを提言しています。

新設:2013.11.6 更新:2017.4.24 (業務企画部 地震・火災・新種グループ)