一般社団法人日本損害保険協会 Recruting Site

エントリーはこちら

ヒトとシゴトを知る

国際舞台での論議にいち早く対応したい

国際部 / 国際業務グループ 本吉 佳澄 (2007年入社)

保険事業のグローバル展開や新興国での保険普及の拡大など、世界の保険市場は様々な変化を見せています。

近年は保険事業の健全性をグローバル規模で確保するため、各国規制間の国際調和を図る必要性が増しています。また、日本の損保会社の海外展開に伴い、進出先国における規制導入・強化の動きの影響を受けることも増えています。これらの規制動向に対し、適切な情報収集や意見表明等の働きかけが必要となります。

アジア地域では、保険普及や自然災害リスク等への取組みなどの場面で、日本の損保業界が培った経験や制度・取組みが有用となることがあります。共通の思いである、より良い保険市場・より信頼される保険事業の形成・発展に向け、日本の損保業界が積極的に発信することは相互の理解・信頼を深めることにもつながります。

規制対応に際しては、日常の情報収集、業界意見の取りまとめ、日本政府への働きかけ、国際機関や当該政府への意見提出を行っています。アジア地域への貢献に際しては、各種会合や技術支援活動を通じ、日本の損保業界の取組みの発信や意見・情報交換を行っています。

英語をベースとした的確な情報収集・発信力や海外関係者との関係構築力が要されますが、最も根幹となるのは自国を理解し、他国を理解する姿勢・感性だと思います。様々な背景の違いを理解し、対話していくことは容易ではありませんが、国境を越え、同じ目的や思いを持つ業界関係者の存在に触れることで力が湧いてきます。

私たちが紹介します

エントリーはコチラ