自動車盗難防止ガイド 2015 愛知県版
2/16

はじめに02-2014年「自動車盗難」全国ワースト1位-~2013年は全国ワースト2位だったが、全国ワースト1位に返り咲く~ 2014年の愛知県における自動車盗難認知件数は2,724件(前年比12件増加)であり、全国ワースト1位になりました。全国的に自動車盗難認知件数は減少傾向にある中で、微増とはいえ愛知県は増加に転じていることを踏まえると、愛知県における自動車盗難の状況は深刻と言わざるをえません。 また、カーナビやナンバープレートなど車の部品を盗む「部品ねらい」の認知件数が4,565件、車内の金品を盗む「車上ねらい」の認知件数が6,095件と、いずれも全国ワースト2位であり、愛知県では自動車関連窃盗が多発しています。 自動車関連窃盗の手口は年々悪質化・巧妙化しており、この背景には、自動車に精通した知識を有する窃盗団の関与があると考えられています。残念ですが、もはや「注意」と「施錠」だけでは愛車を窃盗犯から守ることができないのが愛知県の状況です。愛知県の自動車関連窃盗の状況を正しく理解していただいたうえ、愛車を守るために必要な対策を講じてくださいますようお願いいたします。 みなさんが自動車関連窃盗の被害に遭わないように、そして愛知県のくらしの安全と安心を守るために、この小冊子が少しでも役立つことができれば幸いです。一般社団法人 日本損害保険協会 中部支部「あなたの愛車を守り隊」の     です。私たちが愛知県の自動車関連窃盗の状況と愛車の守り方をご案内しまーす。■愛知県の自動車関連窃盗の現状 深刻な自動車関連窃盗の被害……………………03 ドロボーの犯行手口………………………………07■自動車関連窃盗への対策 盗難防止に有効なイモビライザ…………………08 自動車盗難防止機器の活用 ……………………09 駐車場における防犯対策 ………………………10 自動車関連窃盗を防ぐための7か条……………13■車両保険と参考HPについて 自動車盗難被害に対する車両保険………………14 自動車盗難防止等に関する参考情報……………15目 次

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です