自動車盗難防止ガイド 2015 愛知県版
8/16

08自動車関連窃盗への対策■イモビライザシステムの仕組み (自動車メーカーによる純正のイモビライザシステムの場合)通常のキーは、キーシリンダ内部と鍵山の形状が一致すれば、イグニッションスイッチをオンにして、エンジンを始動することができます。これに対しイモビライザは、専用キーに埋め込まれたトランスポンダ(送信機)の電子IDコードと車両本体内の電子制御装置に登録された電子IDコードが一致しないとエンジンは始動しません。そのためキーの偽造が難しく、盗難防止効果が非常に高い装置といえます。イモビライザは盗難防止効果が非常に高い装置だけど、それだけでは被害を完全には防げないよ!ハンドル固定装置や警報装置など複数の対策を講じて愛車を守ろうね!また、自宅や会社でのキーの保管場所がドロボーに分からないようにしようね。イモビライザが搭載されていても、キーが盗まれると愛車は盗まれるよ!車内にキーを置きっぱなしにするのはやめよう。IDコード照合始動する始 動しないキーシリンダートランスポンダキーIDコードID 不一致ID 一致盗難防止に有効なイモビライザ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です