中国支部の活動

保険金詐欺容疑者検挙で広島県警に感謝状
(2015.6.16)

故意に交通事故を作出した保険金詐欺容疑者の検挙功績を称える

 日本損害保険協会中国支部委員会(委員長:桑田 憲吾・損害保険ジャパン日本興亜株式会社 常務執行
役員 中国本部長)は、6月2日(火)に広島県警察本部交通部と福山東警察署に感謝状を贈呈しました。

 これは、広島県警察本部交通部と福山東警察署が、故意に交通事故を作出し、保険金を詐取した容疑者
を2015年2月18日に検挙したことで、安全で安心して暮らせる社会の実現に多大な貢献をした功績を
称えたものです。

 当日は、桑田委員長から広島県警察本部 宮尾 豪範 交通部長に感謝状を贈呈し、事件解決にかかる
謝辞を述べました。
 引き続き、山田谷 清 交通指導課長同席のもと、損害保険業界の保険金不正請求に対する取組みに
ついて意見交換を行いました。意見交換では、桑田委員長が「不正・不当請求を許容することは、善意の
契約者の保険料の引き上げにも繋がりかねないことから、今後もこうした事件が発生することのないよう
協力を密にお願いしたい」と述べ、引き続き、保険金詐欺など保険金制度を悪用した不正請求を防止する
ため、連携を進めていくことを確認しました。

宮尾交通部長(左)、桑田委員長(右)宮尾交通部長(左)、桑田委員長(右)

桑田委員長(写真右)、宮尾交通部長(写真中央)、
山田谷交通指導課長(写真左)との意見交換の様子桑田委員長(写真右)、宮尾交通部長(写真中央)、 山田谷交通指導課長(写真左)
との意見交換の様子