北海道支部の活動

札幌で飲酒運転・駐車場事故防止を呼びかけ
(2015.10.5)

〜北海道警察本部と連携して大型地下駐車場で啓発活動を実施〜

 日本損害保険協会北海道支部(委員長:伊藤 直弘・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 執行役員営業担当役員(北海道地域))では、秋の交通安全期間の9月25日(金)に北海道警察本部と連携し、札幌大通地下駐車場で、飲酒運転防止と駐車場の車両事故防止を呼びかけました。
 道内では、飲酒運転による悲惨な死亡事故が2014年に小樽市、今年は砂川市と2年連続で発生しており、2014年中の飲酒運転による死者数は19名と全国で最も多い状況です。また、道内の全車両事故のうち約31%が駐車場で発生しています(統計データは下表参照)。当支部は、こうした実態を踏まえ、札幌の大通公園で開催されているオータムフェストや「さっぽろ地下街」の飲食店等に訪れる多くのドライバーに対して啓発活動を行いました。
 当日は、北海道警察本部の警察官と当支部の職員で、飲酒運転防止や駐車場事故防止の啓発チラシ(別紙参照)をドライバーに手渡して、事故防止を呼びかけました。ドライバーからは「駐車場には歩行者もいるので徐行運転を心がけたい」、「お酒を飲んだら車には乗らないようにする」等のコメントが寄せられました。 
 当支部では「エゾシカと自動車との衝突事故」「自動車のスリップ事故」等、交通事故防止啓発活動を実施して、引き続き、道内の交通事故削減に努めていきます。 


注意喚起活動の様子

当支部職員による啓発

警察官による啓発

駐車場での車両事故注意喚起チラシ・ポスター

道内の駐車場での車両事故に関するデータ

調査期間:2014年4月〜2015年3月に発生した車両事故、対象地域:北海道、サンプル数:156,432件

 ・道内の車両事故の発生場所

事故発生場所件数割合
駐車場内48,40830.9%
その他(道路上)108,02469.1%
合計156,432100.0%
  

 ・駐車場での車両事故の事故類型

駐車場の事故類型件数割合
自動車同士28,78959.5%
施設物13,01226.9%
当て逃げ2,4115.0%
落書き飛来物2,1794.5%
盗難3170.7%
その他1,7003.5%
合計48,408100.0%

駐車場での車両事故注意喚起チラシはこちらから(PDFファイル)