北海道支部の活動

エゾシカとの衝突事故の車両保険金支払額
(2016.1.29)

〜「保険金支払件数」は770件、「保険金支払額」は3億5,862万円〜

 日本損害保険協会北海道支部(委員長:伊藤 直弘・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 執行役員営業担当役員(北海道地域))では、2015年10月・11月に道内で発生したエゾシカとの衝突事故による車両保険の保険金支払額の調査結果を取りまとめました。

 今回の調査では、「保険金支払件数」は770件、「保険金支払額」は3億5,862万円となり、前回の調査と比較すると件数・支払額ともに若干増加しました。なお、平均支払額は約46万6千円でした。

 なお、北海道警察本部の「2014年エゾシカが関係する交通事故発生状況」によると、エゾシカが関係する交通事故の年間発生件数のうち、10月・11月における事故件数の割合は41.9%でした。
 これをもとに2015年中の「保険金支払件数」および「保険金支払額」を推計すると、1,840件・8億5,679万円となります。

  エゾシカとの衝突事故は10月と11月に多発する傾向があることから、当支部では啓発チラシを作成して昨年10月から損害保険会社や道内の関係機関と連携して注意喚起活動を積極的に展開しています。また、雪融け後の4月と5月にも本事故が増加する傾向にあることから引き続き注意喚起活動を継続していきます。

 その他、当支部では、さっぽろ地下街での「交通安全啓発アニメーション放映」および「駐車場での車両事故防止啓発活動」、「スリップ事故防止啓発活動」等の事故防止啓発活動を通じて道内の交通事故減少に努めています。

【2015年度調査結果】

保険金支払件数保険金支払額平均支払額
10月273件12,424万円45.5万円
11月497件23,438万円47.2万円
合計770件35,862万円46.6万円

(注1)数字は報告のあった12社の合計。
(注2)全770件中、支払額の最大は363万円(分損)、最小は1万円(分損)。


(参考)2014年度調査結果
保険金支払件数保険金支払額平均支払額
10月294件13,249万円 45.1万円
11月451件22,392万円 49.6万円
合計745件35,641万円 47.8万円

(注1)数字は報告のあった12社の合計。
(注2)全745件中、支払額の最大は395万円(全損)、最小は2万円(分損)。