北海道支部の活動

保険金詐欺事件検挙で北海道警察に感謝状
(2017.9.13)

旭川方面旭川東警察署・旭川方面本部交通課に感謝の意

 日本損害保険協会北海道支部(委員長:窪田 博・三井住友海上火災保険株式会社 執行役員北海道本部長)では、9月8日(金)、北海道警察旭川方面旭川東警察署および旭川方面本部交通課に感謝状を贈呈しました。

 本件は、同署および同課の粘り強い合同捜査により、交通事故について偽造した書類の提出により損害賠償金を騙し取ろうとした保険金詐欺事件を検挙したことで、社会公共性の高い損害保険事業の健全な運営に多大な貢献をした功績を称えたものです。

 当日は、当支部が保険金不正請求等防止のために設置している北海道損害保険防犯対策協議会(会長:窪田 博・同上)旭川支部から、同署の押野署長および同課の谷律課長に感謝状を贈呈し、謝辞を述べました。

 感謝状贈呈後の懇談では、北海道における保険金不正請求等防止対策の現状などについて意見交換を行いました。同署および同課からは「今回の事案は時間を要したが検挙につなげることができた。密な情報交換は重要であり、今後もより一層の連携を図りたい」とのコメントが寄せられました。

 当支部では、北海道損害保険防犯対策協議会での活動を通じて、北海道警察と連携しながら保険金不正請求等防止に向けた活動を引き続き実施していきます。

写真1

写真2

感謝状贈呈の様子