北海道支部の活動

「チャレンジ・ザ・交通安全」で高齢者事故防止呼びかけ
(2019.7.24)

 日本損害保険協会北海道支部(委員長:山田 英司・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 執行役員 北海道担当)は、2019年7月18日(木)に札幌市のシャトレーゼガトーキングダムサッポロで開催された「チャレンジ・ザ・交通安全」で、高齢者交通事故防止を啓発しました。当日は、約200名がイベントに参加しました。

 当協会のブースでは、札幌方面北警察署と連携し、器具を使い、夜光反射材の効果を実感していただいたうえで、夜光反射材を配布いたしました。当協会では今年度、株式会社ポケモンと連携したピカチュウ反射リストバンドを作成しており、参加者からは「孫が興味を持つピカチュウを見せながら説明できるので、一緒に交通事故防止に向けた注意を払うよいきっかけになる」との感想が寄せられました。

 また、主催者・来賓挨拶の後に参加者全体に向けて、2019年6月からインターネット上で公開している北海道内の「高齢者事故多発地点マップ」を紹介しました。

 今回で14回目となる本イベントは、札幌地区トラック協会札幌北支部と札幌方面北警察署が主催し、交通事故ゼロの社会の実現に向け、特に交通事故に遭いやすい高齢者に対し交通安全を呼びかけることを目的として開催されたものです。

 北海道警察によれば、2018年の北海道の交通事故死者のうち65歳以上の高齢者は56.0%を占め、前年より4.6%増加しています。また、75歳以上の高齢者は全体の36.2%を占めています。

 当支部では、今後も北海道内の関係機関・団体などと連携し、高齢者の交通事故防止に向けた普及啓発に取り組んでいきます。

靴につける反射材の説明靴につける反射材の説明

ピカチュウ反射リストバンドの説明
ピカチュウ反射リストバンドの説明