北陸支部の活動

交通安全大会で「自転車事故と備え」を講演
(2013.11.26)

〜600名参加の「石川県交通安全県民大会」で西村生活サービス部長が講師に〜

 日本損害保険協会北陸支部(委員長:川添 久彰・日本興亜損害保険株式会社 常務執行役員北陸本部長)では、11月19日(火)13時30分から金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで開催された「平成25年度 石川県交通安全県民大会」(主催:石川県、石川県警察本部など)に参加しました。

 石川県では、広く県民の交通安全意識の高揚を図るとともに、良識ある交通行動の実践を決意し、交通事故の根絶を図るため、1981年から「石川県交通安全県民大会」を開催しており、今年は33回目となります。
毎年、交通安全の功労者や団体の表彰と交通安全ポスターコンクール最優秀者の表彰が行われています。

 石川県 谷本 正憲 知事をはじめ、石川県警察本部 桐原 弘毅 本部長、石川県交通安全協会 要明 英二 会長から挨拶があり、受賞者や石川県交通安全推進協議会、自治体職員等600名が参加して盛大に開催されました。

 また、当協会の 西村 敏彦 生活サービス部長が「自転車の交通事故とその責任」と題する講演を行いました。石川県の交通安全大会で当協会が講演を行うのは初めてです。西村部長は、自転車事故の発生状況や自転車の安全な乗り方とルール、自転車を取り巻く事故のリスク、自転車事故で問われる責任などを解説し、自転車事故への備えを訴えました。

【西村生活サービス部長】【西村生活サービス部長】

【谷本知事】【谷本知事】

【桐原本部長】【桐原本部長】