北陸支部の活動

冬のスリップ事故防止をチラシで訴え
(2013.12.11)

〜厳冬期の北陸自動車道の物損事故は通常期の2.5倍以上、ゆっくり走ろう北陸路〜

 日本損害保険協会北陸支部(委員長:川添 久彰・日本興亜損害保険株式会社 常務執行役員北陸本部長)では、石川県警察本部と連携して、冬期に増加するスリップ事故への注意を呼びかけるため、冬の交通安全運動(12月11日(水)〜12月20日(金))に合わせて2種類の啓発チラシ6万7千枚を作成しました。
 北陸自動車道における厳冬期(12〜2月)の物損事故件数は、通常期(3〜11月)の2.5倍以上になっており、冬期の交通安全対策や雪道のスリップ事故防止は重要な課題になっています。
 当支部では、啓発チラシを当協会ホームページに掲載、会員各社・代理店経由で契約者や消費者に配付するほか、石川県内の警察署にも設置を依頼して広く注意を呼びかけ、交通事故削減に向けた活動を推進していきます。

○ 雪道のスリップ事故にご注意!(37,000枚)
表面では冬道安全運転5則を、裏面では雪道で役立つものを掲載。


※クリックするとチラシが表示されます。

<冬道安全運転5則>
1.スピードは、夏場より10キロ以上減速しよう!
2.車間距離は路面乾燥時の2倍以上確保しよう!
3.急加速、急ブレーキ、急ハンドル等の急激な操作は避けよう!
4.視界不良時は前方をよく見て、早めに徐行しよう!
5.無理な追い越しはやめよう!


※クリックするとチラシが表示されます。

○ 交差点での事故に注意!(30,000枚)
 表面では2012年の石川県内の交通事故多発交差点5か所を地図で表示、裏面では5か所の事故多発交差点の事故件数と事故の傾向を掲載。


※北陸自動車道における1か月あたりの物損事故件数:交通統計「北陸自動車道の現況」をもとに当協会で編集。