北陸支部の活動

石川県交通安全知事メッセージ伝達式に参加
(2018.4.10)

春の全国交通安全運動を県民総ぐるみで展開

 日本損害保険協会北陸支部(委員長:吉持 敏彦・三井住友海上火災保険株式会社 理事北陸本部長)では、4月6日(金)10時から石川県庁正面「県民広場」で開催された「平成30年春の全国交通安全運動・知事メッセージ伝達式」(主催:石川県・石川県交通安全推進協議会(会長:石川県 谷本 正憲 知事))に参加しました。

 石川県では、春の全国交通安全運動を県民総ぐるみの運動として展開するべく、交通安全を呼びかける知事メッセージを各市町や関係団体に伝達し、県民に交通ルールの遵守と交通マナーアップを呼びかけるイベントを実施しています。このイベントを皮切りに4月6日(金)から4月15日(日)までの10日間、春の交通安全運動が開始されます。

 伝達式には、県や各市町の関係者ら約200人が集まり、竹中博康副知事の挨拶の後、ミス百万石が知事メッセージを読み上げ、各市町の代表者による交通安全宣言が行われました。また、式後には香林坊アトリオ前で街頭キャンペーンが行われました。

 当支部では、今後も会員会社とともに行政・マスコミ等と連携し、交通安全運動を推進していきます。

伝達式に参加した支部委員等損保会社社員伝達式に参加した支部委員等損保会社社員

写真1竹中副知事挨拶

写真2県庁を出発する各市町の広報車

写真3街頭キャンペーン