北関東支部の活動

栃木県警、暴力追放県民センターから感謝状
(2014.11.12)

 日本損害保険協会では、1980年に「栃木県損保・警察連絡協議会」を設置し、暴力団等の反社会的勢力に対し、損害保険業界が一丸となって追放運動を行ってきました。 栃木県での当協会会員各社の永年にわたる暴力団追放運動の推進に対し、11月10日(月)、栃木県警察本部および公益財団法人栃木県暴力追放県民センターから、当協会北関東支部栃木損保会に感謝状が授与されました。

 当協会では全国各県に協議会を設置し、反社会的勢力対応を行っています。2013年6月には「損害保険業界における反社会的勢力への対応に関する基本方針」を策定し、対応強化を図っています。

11月10日の贈呈式の模様


栃木県警本部刑事部長から
感謝状を授与される栃木損保会長

記念品の楯