南関東支部の活動

保険金詐欺グループ検挙で警視庁に感謝状
(2017.2.17)

被害総額4,600万円以上、詐欺グループ検挙の功績を称える

 東京都損害保険防犯対策協議会(会長:並木 宏道・東京海上日動火災保険株式会社 関東業務支援部長)では、2月10日(金)警視庁交通部交通捜査課に、2月13日(月)高島平警察署に感謝状を贈呈しました。

 本件は、日頃の損保業界と警察との情報共有・連携の成果であり、故意に交通事故を起こし保険金を繰り返し騙し取っていた詐欺グループを、警視庁交通捜査課と高島平警察署が共同捜査本部を設置し捜査を行い検挙したもので、約20名が逮捕、被害総額は4,600万円以上となりました。今回の検挙が、社会公共性の高い損害保険事業の健全な運営に多大な貢献をしたとして、その功績を称えたものです。

 当日は、当支部横尾事務局長から警視庁交通部交通捜査課柗島 裕二 課長に、当協議会近藤副会長から高島平警察署菅原 明彦 署長に感謝状を贈呈し、警察側から、「感謝状は、公務遂行上、とても励みになる。引き続き損保業界とも連携して、犯罪者に断固とした態度で臨んでいきたい。」と感謝の言葉が述べられました。


警視庁柗島交通捜査課長へ感謝状贈呈警視庁柗島交通捜査課長へ感謝状贈呈

交通捜査課の方々交通捜査課の方々



菅原高島平署長へ感謝状贈呈菅原高島平署長へ感謝状贈呈

菅原署長、鈴木交通課長(右から二人目より)菅原署長、鈴木交通課長(右から二人目より)