中部支部の活動

豊田市で「スギテツ」と自動車盗難防止啓発
(2014.10.16)

〜豊田警察署と連携、自動車盗難防止ガイドを配布〜

 日本損害保険協会中部支部(委員長:田村 康弘・損害保険ジャパン日本興亜株式会社 常務執行役員中部本部長)では、10月10日(金)午後2時30分から1時間、自動車盗難多発地域を管轄する豊田警察署と連携し、愛知県豊田市のT-FACE A館8階特設会場で自動車盗難防止啓発のキャンペーンを行いました。豊田警察署と当協会との連携による啓発活動は、今回で4回目です。

 豊田警察署の渡邊 彰 署長と当支部の小峯 雅也 事務局長の挨拶に続き、ピアノの杉浦哲郎さんとヴァイオリンの岡田鉄平さんのクラシックユニット「スギテツ」を一日警察署長として迎え、ミニコンサートとトークショー、防犯宣言を行いました。

 その後30分間、スギテツの2人から来場者に当支部作成の自動車盗難防止ガイドやミニハンカチなど300セットを配布しました。

 損保会社社員と当協会職員計5人も参加し、大勢の市民に自動車盗難防止に関する啓発を行いました。 当支部では、引き続き、関係団体等との連携を強化し、自動車盗難防止対策の周知と自動車盗難減少への貢献を図っていきます。


渡邊署長

小峯事務局長

スギテツのミニコンサート

ノベルティ配布