中部支部の活動

静岡県警に事故多発交差点注意チラシを寄贈
(2015.1.8)

〜交差点での安全運転啓発で、静岡県内の交通事故防止に貢献〜

 日本損害保険協会中部支部(委員長:田村 康弘・損害保険ジャパン日本興亜株式会社 常務執行役員中部本部長)では、交差点での安全運転を啓発するため、静岡県内の「交通事故多発交差点注意喚起チラシ」を作成し、静岡県警察本部に2万枚寄贈しました。

 チラシには、静岡県内の事故多発交差点ワースト交差点5箇所の特徴とともに、ドライバー、自転車、歩行者が交差点を通行する際に注意すべき点を記載しています。また、静岡県では多くの高齢者が道路横断中に事故に遭っていることから、静岡県警察本部の協力のもと、高齢者に向けて道路横断中の事故防止を訴えています。
チラシは、静岡県内の警察署に配布され、啓発活動等で活用される予定です。

 当支部では、今後もさまざまな機会を利用して、地域の交通事故防止に取り組んでいきます。


表面表面

裏面裏面


静岡県交通事故多発交差点注意チラシ(PDFファイル)