中部支部の活動

「青春のグラフィティ」で自動車盗難防止啓発
(2015.1.16)

〜コンサート来場者に自動車盗難防止ガイド等を配布〜

 愛知県自動車盗難等防止協議会(会長:小栗 一朗・名古屋トヨペット株式会社代表取締役社長)では、1月12日(月・祝日)に愛知県名古屋市の日本ガイシホールで開催された「青春のグラフィティ コンサート2015」の来場者に当支部作成の「愛知県版自動車盗難防止ガイド」と啓発ノベルティ(特製ホッカイロ)7千500セットを配布し、自動車盗難等防止の啓発活動を行いました。

 また、コンサートの休憩時間には、会場内の大型スクリーンにスライドを上映し、CBCラジオのアナウンサーが、愛知県内の自動車盗難の被害状況が「非常事態」であることや被害を防止するためのポイントを紹介しました。

 愛知県の自動車盗難認知件数は、2008年から2012年まで5年連続ワースト1位で、2013年は全国ワースト2位になりましたが、2014年は11月末までに2,427件発生し、再び全国ワースト1位になっています。

 当協議会では、今後も引き続き自動車盗難防止対策の周知と自動車盗難減少への貢献を図っていきます。


コンサート会場(日本ガイシホール)コンサート会場(日本ガイシホール)

多くの来場者多くの来場者

会場内大型スクリーンで呼びかけ会場内大型スクリーンで呼びかけ

(左)自動車盗難防止ガイド、(右)特製ホッカイロ(左)自動車盗難防止ガイド、(右)特製ホッカイロ