中部支部の活動

あいち防災協働社会推進協議会に入会
(2015.11.24)

産官学の連携により防災減災の取組みを推進

 日本損害保険協会中部支部(委員長:吉田 靖之・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 執行役員)は、10月28日(水)に、あいち防災協働社会推進協議会の新規会員になりました。

 同協議会は、愛知県知事、行政・事業者団体・地域団体・ボランティア団体の代表、学識経験者等により構成されています。災害による被害を軽減するためには「公助」「共助」「自助」の三つの力が連携する必要があることから、県民、事業者、行政等が一体となって防災に取り組み、災害に強い社会を実現するために設置されました。同協議会では、防災協働社会の形成に向けて、「あいち防災フェスタ」や「防災・減災カレッジ」など、災害による被害を軽減するための県民運動を推進しています。

 当支部では、これまで地震保険など自然災害に備える保険の普及促進や防災教育の推進に取り組んできました。引き続き、行政をはじめとした関係先との連携を強化し、愛知県の地域防災力向上に取り組んでいきます。