中部支部の活動

三重県松阪警察署へ感謝状を贈呈
(2019.7.2)

多気郡多気町での偽装交通事故検挙に対し表彰

 日本損害保険協会中部支部三重損保会(会長:細山田 誠二・損害保険ジャパン日本興亜株式会社 三重支店長)は、三重県松阪警察署へ、多気郡多気町で発生した偽装交通事故をはじめとする一連の保険金詐欺事件の犯人検挙に対し、感謝状を贈呈いたしました。

 6月28日(金)に、三重県松阪警察署署長室において感謝状の贈呈式があり、三重損保会会長の代理として、中部支部 宮崎事務局長から、柳瀬松阪警察署長に感謝状が授与されました。柳瀬署長からは、「日頃の捜査へのご協力に感謝する」とのコメントがありました。

 当支部は、今後も引き続き三重県警察と連携し、不正請求の排除に向けた活動に取り組むことで、損害保険事業の健全な運営を行ってまいります。

感謝状贈呈式の様子感謝状贈呈式の様子

宮崎事務局長と柳瀬松阪警察署長宮崎事務局長と柳瀬松阪警察署長