沖縄支部の活動

「子供自転車沖縄県大会」で自転車事故への備えを説明
(2013.7.3)

 2013年6月30日(日)、沖縄県豊見城市の沖縄県警察免許センターで「第37回交通安全子供自転車沖縄県大会」(沖縄県警察本部・(財)沖縄県交通安全協会連合会主催)が開催されました。
 沖縄支部では、表彰式で、冊子「小学生のための自転車安全教室」と反射板等を進呈し、保護者の方々に、交通安全・事故防止の願いを込め、自転車事故による損害補償に備える保険について説明をしました。

「第37回交通安全子供自転車沖縄県大会」の概要

 沖縄県の各地区の予選を勝ち抜いた14地区のチーム(1チーム4名)の小学生80名が、全国大会を目指し、自転車の安全な乗り方について、学科テストと技能テストで競技を行い、優勝したチームは東京で開催される全国大会に出場する。沖縄県のレベルは高く、昨年の優勝チームは、全国2位・個人表彰2位。
 学科テストは、「自転車の交通安全ブック(自転車の安全な乗り方)」に示されている交通規則や道路標識、自転車の安全な乗り方についての筆記テスト。
 技能テスト(安全走行テストと技能走行テスト)は、24型の自転車を使用し、「自転車の交通安全ブック」に示されている自転車の安全な乗り方の要領に基づく応用競技のテスト。


保護者の方々へ説明する柿沼事務局長

保護者の方々へ説明する柿沼事務局長

優勝チーム

優勝チーム