沖縄支部の活動

二輪車の自賠責保険の付保漏れを確認
(2013.9.30)

 日本損害保険協会沖縄支部(委員長:濱田 剛・大同火災海上保険株式会社常務取締役)では、沖縄県二輪車安全普及協会(二普協)が主催する「2013年二輪車安全運転推進月間運動(9月11日〜9月30日まで実施)の街頭指導に参加し、9月24日(火)に自賠責保険の付保漏れのチェック等に立会いました。

概要

□日     時9月24日(火)14:00〜16:00
□場     所那覇市内上間交差点(ホンダカーズ沖縄一日橋店の駐車場)
□参  加  者二普協会員(バイク販売店)・・・・・・・・・・・・・12名
沖縄県那覇警察署・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3名
沖縄総合事務局運輸部陸上交通課・・・・・・2名
日本損害保険協会沖縄支部・・・・・・・・・・・・1名
□取組内容当協会作成の「自賠責入っていますか?」チラシ(裏面は沖縄県内の自賠責保険・共済の連絡先一覧)を付保漏れチェックを受けた二輪車の運転手に配布するとともに二普協会員に200部を提供し啓発しました。併せて、「【沖縄県版】交差点での事故に注意」チラシを配布し、交差点事故防止の注意喚起を行いました。
□実 施 結 果付保漏れチェックした二輪車70台のうち、自賠責保険の有効期限切れ(無保険)が1台、ナンバープレートへのステッカーの貼付忘れが2台ありました。

警察官が走行中の二輪車を駐車場に誘導警察官が走行中の二輪車を駐車場に誘導

街頭指導の様子(二普協会員による安全点検)街頭指導の様子
(二普協会員による安全点検)