沖縄支部の活動

飲酒運転根絶県民大会で飲酒運転防止を訴え
(2014.10.28)

防止マニュアルと地元ビール会社協力のノベルティで啓発

 日本損害保険協会沖縄支部(委員長:濱田 剛大同火災海上保険株式会社 常務取締役)は、10月21日(火)に、沖縄県沖縄市民会館で開催された「飲酒運転根絶県民大会」(主催:沖縄県、沖縄県議会、沖縄県警察)に参加し、飲酒運転防止を訴えました。

 この大会は、沖縄県飲酒運転根絶条例が2009年10月1日に施行されて5年となるのを機に、「飲酒運転をしない させない 許さない」環境づくりを促進するとともに、飲酒運転事故率24年連続ワースト1からの脱却を図ることを目的としています。

 当支部では、地元企業のオリオンビール株式会社に協力を働きかけ、飲酒運転NO(ノー)と記載した缶入りブレンド茶をノベルティとして作成、当協会作成の冊子「飲酒運転防止マニュアル」とともに来場者約1,300人に配布して飲酒運転防止を呼びかけました。


・飲酒運転根絶県民大会の模様・飲酒運転根絶県民大会の模様

・ブースに掲出した飲酒運転防止啓発パネル・ブースに掲出した飲酒運転防止啓発パネル

・飲酒運転防止マニュアルとノベリティの配布・飲酒運転防止マニュアルとノベルティの配布

・配布した缶入りブレンド茶・配布した缶入りブレンド茶