沖縄支部の活動

日本一早い海開きを前に ビーチクリーン活動
(2015.3.25)

〜沖縄県豊見城市の瀬長島ビーチに約150名集まる〜

 日本損害保険協会沖縄支部(委員長:濱田 剛 大同火災海上保険株式会社 常務取締役)では、損保業界の地域貢献・環境改善活動の一環として、日本一早い海開きを前に、3月22日(日)10時から50分間、那覇空港に近い瀬長島ビーチで恒例のビーチクリーン活動を実施しました。
 当日は、当支部委員長をはじめ損害保険各社や沖縄県損害保険代理業協会とその家族、約150名が参加しました。工事中のエリアがあったにもかかわらず、たくさんのゴミを回収し、やわらかな陽射しのなか、自然に戻った海とのコントラストに参加者からは笑顔がこぼれていました。

 

ゴミを回収する参加者ゴミを回収する参加者

回収したゴミ回収したゴミ

約150名の参加者約150名の参加者