四国支部の活動

高知県「仁淀川清掃活動」に四国支部が初参加!
(2018.6.7)

 日本損害保険協会高知損保会(会長:川端 信一郎・三井住友海上火災保険株式会社高知支店長)および一般社団法人高知県損害保険代理業協会(会長:西村 方志)は、6月2日(日)、仁淀川の清掃活動を実施いたしました。

 この清掃活動は今年で3回目を数えますが、高知代協のCSR活動の一環で始まり、損保会の会員会社(およびその家族)も毎年参加しているもので、四国支部としては初めて参加しました。

 当日は、損保関係者85人が参加し、高田高知支社長(三井住友海上社)、西村高知代協会長の挨拶の後、各自が分別のごみ袋を持って、遊歩道や河川敷を歩き、タバコの吸殻、花火の燃え残り、空き缶、ガラスの破片などのゴミを一つ一つ拾い集め、清掃活動に真剣に取り組みました。また、清掃後は有志によるバーベキュー大会を実施し、74名の方が参加されました。

 高知県では四万十川と仁淀川が清流として全国的に有名ですが、想像以上のゴミが多く出たこともあり、今後もこうしたCSR活動に取り組んでいきます。

高田高知支社長からの挨拶高田高知支社長からの挨拶

西村高知代協会長からの挨拶西村高知代協会長からの挨拶

清掃後全員の集合写真!清掃後全員の集合写真!

清掃活動後、綺麗になった仁淀川清掃活動後、綺麗になった仁淀川