東北支部の活動

宮城県春の交通安全県民総ぐるみ運動に参加
(2017.4.7)

〜損保各社・みちのく損保会・宮城県代協が交通安全を呼びかけ〜

 日本損害保険協会東北支部(委員長:財部 剛・東京海上日動火災保険株式会社専務執行役員)では、4月6日(木)に開催された宮城県「春の交通安全県民総ぐるみ運動」出発式に参加し交通安全・事故防止を呼びかけました。

 参加したのは損保各社社員やみちのく損保会(損保各社のOB・OG)メンバーの25名。この他、宮城県損害保険代理業協会(宮城県代協)から十数人の参加がありました。仙台市勾当台公園で行われた出発式の後、参加者は交通安全を呼びかける横断幕を掲げて近くの商店街をパレードしました。

 県民総ぐるみ運動は4月6日(木)から15日(土)までの10日間行われるもので、子どもと高齢者の交通事故防止を基本に、自転車の安全利用や飲酒運転の根絶など取り組むことにしています。出発式には宮城県警察本部長や県副知事ら交通安全関係の諸団体から主催者発表で約500名の参加がありました。

 当協会が現在取り組んでいる第7次中期基本計画では、高齢者の交通事故防止が重点課題の一つになっており、東北支部でも宮城県をはじめ東北6県における高齢者事故の防止・削減に向けて啓発活動を進めることにしています。

写真1県警本部長挨拶

写真2商店街をパレード

写真3損保各社等からの参加者