東北支部の活動

福島県交通安全協会に自転車シミュレータを寄贈
(2017.10.16)

地域の自転車事故防止の一助として

 日本損害保険協会東北支部(委員長:小坂 源・三井住友海上火災保険株式会社執行役員東北本部長)では、今年度全国で10台寄贈される自転車シミュレータのうちの1台を福島県交通安全協会に寄贈しました。

 10月10日(火)自転車シミュレータが配備される須賀川地区交通安全協会(須賀川警察署内)にて開催された受納式に、損保協会から福島損保会の 小嶋 俊彦 会長(三井住友海上社福島支店長)が出席、福島県交通安全協会からは、板橋 秀幸 専務理事、配備先の須賀川地区交通安全協会からは 草野 美昭 会長、須賀川警察署から 渡邉 素 署長が出席され、受納式が開催されました。

 式では小嶋会長から「自転車シミュレータの活用を通して、日常の自転車利用時に遭遇する危険な場面を体験しながら、危険予測能力を高め、自転車の安全な乗り方とルール・マナーを守ることの大切さを身につけていただき、是非とも、地域の自転車事故防止に役立てていただきたい」と挨拶があり、板橋専務理事から損保協会の交通安全教育活動の推進ならびに協力に対し感謝状が贈呈されました。

 式後、寄贈された自転車シミュレータの操作が披露され、高齢者の自転車交通事故防止等に役立てていきたいとの意向が示されました。

小嶋会長(左から2人目)から目録を贈呈板橋専務理事(右から2人目)から感謝状を受領小嶋会長(左から2人目)から目録を贈呈
板橋専務理事(右から2人目)から感謝状を受領

寄贈した自転車シミュレータの実演寄贈した自転車シミュレータの実演