2016年度 特定課題研究助成対象者の決定

1.軟部組織損傷の効果的な治療に係る最新研究

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
上住 聡芳 藤田保健衛生大学
総合医科学研究所
難病治療学研究部門
重度外傷により損傷した骨格筋および腱を再生させる画期的治療法開発
−骨格筋幹細胞および間葉系前駆細胞の制御と応用−
味八木 茂 広島大学病院
未来医療センター
新たな分泌因子であるエクソソームを用いた筋骨格系治療への応用

2.脊髄損傷における可塑性の評価

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
石井 宏史 金沢大学
医薬保健研究域医学系神経解剖学
脊髄損傷における可塑性の評価
「脊髄損傷後の小胞体ストレス応答解析による可塑性の評価」
小早川 和 九州大学病院
救命救急センター
脊髄損傷における可塑性の評価
Self-constructionArtificial Neural Networkを用いた高精度脊髄損傷予後予測法の開発
松林 絋平 慶應義塾大学大学院
医学研究科
Resting-state FMRIによる脊髄損傷後の大脳皮質可塑性の評価

3.高次脳機能障害のリハビリテーションに係る研究

研究代表者 所属施設(研究機関) 研究テーマ
上田 敬太 京都大学医学部附属病院
精神科神経科
社会生活行動評価尺度を用いた高次脳機能障害に対するリハビリテーション焦点化の検討
一杉 正仁 滋賀医科大学
社会医学講座法医学部門
高次脳機能障害者に対するシームレスな自動車運転評価・支援体制の構築
森岡 基浩 久留米大学医学部
脳神経外科学講座
重症頭部外傷後意識障害/高次脳機能障害患者に対する、仮想摂食行為を利用した新しいリハビリテーション療法(Virtual Eating Rehabilitation Therapy:VERT)による脳機能活性化研究

新設:2012.4.1 更新:2016.10.3 (損害サービス企画部 試験・医研センターグループ)