ワースト5:和田橋東詰交差点

一覧に戻る  マップのトップに戻る

住所

高崎市高松町13番地 国道17号

交差点の解説

・前方不注意による追突事故が多発、今後、交差点改良の効果に期待

この交差点は、国道17号と主要地方道藤木高崎線が交差する信号機のある交差点で、付近は公共施設等が建ち並ぶ市街地となっており、昼夜の交通量は多い。追突事故が8割(9件中7件)を占め、他の2割が右折時の事故となっている。追突事故は、全てが国道17号を前橋市方面から藤岡市方面へ向かう進行車両が信号機手前で停車中の車両へ衝突した事故であり、その原因の多くは、前方不注意や相手車両の動きをよく見ていなかったことが主な原因によるものである。

※平成20年1月に交差点が改良され、立体交差化された。これにより平成20年9月末までの同所における追突事故は1件と大幅に減少した。

事故発生件数

平成19年事故発生件数:9件

▼事故類型別件数

事故類型の解説

▼交差点写真

写真はGoogle Mapの航空写真です。

Google Mapの中心付近に当該交差点が表示されています。拡大・縮小やスクロールを行って周囲の状況をご確認ください。

※グラフや画像がうまく表示されない場合は、右の更新ボタンを押してください。