ワースト3:南沼原小東十字路(通称)

一覧に戻る  マップのトップに戻る

住所

山形市南館五丁目1番15号先交差点 国道348号

交差点の解説

・交差点の幅が広く、国道348号・県道17号線ともに交通量が多いため、追突事故に注意

 この交差点は、国道13号と市道とが交差する十字路となっている。国道13号は山形市内を南北に縦断する道路で、昼夜を問わず交通量が多い。特に通勤時間帯に渋滞が発生することが多い。国道13号は、北進は右折・左折車線を含め4車線、南進は右折車線を含めて3車線となっており、さらに交差する市道は東進・南進とも右折車線が設置されている。
 交差点付近は、国道13号の東西に大型ショッピングセンター等があり、平成21年には脇見運転や見込み発進等による追突事故が多発した。追突事故の原因は、前方不注意や動静不注視(他の車両等の動きをよく見ていない)が多い。また、出合頭の事故の原因は全て、信号の見落としであった。
 事故の発生時間帯を見てみると、午前7時から午後1時までの間に8件(約57%)、17時台に3件、午前零時前後に3件が発生している。

事故発生件数

平成21年事故発生件数:14件

▼事故類型別件数

事故類型の解説

▼交差点写真

写真はGoogle Mapの航空写真です。

Google Mapの中心付近に当該交差点が表示されています。拡大・縮小やスクロールを行って周囲の状況をご確認ください。

※グラフや画像がうまく表示されない場合は、右の更新ボタンを押してください。