ワースト3:広小路葵交差点

一覧に戻る  マップのトップに戻る

住所

名古屋市中区東桜二丁目18番19号

交差点の解説

・横断中の自転車と右左折する自動車との事故が多発

 この交差点は、南北方向の道路が国道153号(飯田街道)、東西方向の道路が県道名古屋長久手線(県道60号線、広小路通)となっている。主要な幹線道路同士が交わる交差点であるため、自動車の交通量が多い。また、付近にはオフィスビルも多く、東方の地下鉄東山線「千種駅」・JR「千種駅」と、西方の地下鉄「栄駅」「栄町駅」との中間地点の交差点であるため、自転車の利用者も多い。
 平成21年の交通事故を見てみると、交差点北側・南側の横断歩道上において、右左折する自動車と自転車との事故が多く発生している。そのため、右左折する際の確実な安全確認に加えて、自転車の動きに注意する必要がある。このほか、右折車と対向直進車との事故も多いため、注意が必要である。

事故発生件数

平成21年事故発生件数:20件

▼事故類型別件数

事故類型の解説

▼交差点写真

写真はGoogle Mapの航空写真です。

Google Mapの中心付近に当該交差点が表示されています。拡大・縮小やスクロールを行って周囲の状況をご確認ください。

※グラフや画像がうまく表示されない場合は、右の更新ボタンを押してください。
※「広小路葵交差点」は「仲田交差点」と「池下交差点」の間にある交差点です。