長野県 平成23年の交通事故多発交差点 一覧

マップのトップに戻る
▼長野県の交通事故状況の推移
▼人身事故発生地点の割合
※データ出典:公益財団法人交通事故総合分析センターより

長野県の平成23年ワースト交差点で発生した事故の傾向

平成23年は、ワースト交差点5箇所で、78件の事故が発生しています。
このうち、追突事故(39件)が特に多く発生しています。次いで多かったのが、右折直進事故(9件)となっています。
交通事故は、自動車だけでなく歩行者・自転車などの行動が原因となることもあります。 交差点を通行する全ての人が、周囲をよく確認しながら、万一の場合にも対応できる速度で無理せず通行するよう、常に心がけましょう。
地図上のアルファベットまたは交差点名をクリックすると詳細ページが表示されます。
E D C B A
※この「ワースト」という表現は、「事故件数の多い順」という意味で便宜的に並べるために付与したものです。
 各事故の状況や損害・被害の程度を加味した順位付けではありません。

地元警察本部の取組

【過去のワースト交差点が改修・改善された事例】
・茅野市ちの「やすらぎ橋西交差点」については、予告信号を設置したことにより事故件数が減少した。
・長野市若里「荒木信号交差点」については、県道側の道路拡幅工事により右左折車線を明確することで事故件数が減少した。
・長野市三輪「三輪田町西交差点」は、交差点の前後にをカラー舗装を実施、信号機に背面カバーの取付け、交差点東方の「田町西交差点」信号機の表示角度の変更により、信号を見落とす事故が減少した。