ワースト3:錦町公園前交差点

一覧に戻る  マップのトップに戻る

住所

仙台市青葉区本町2丁目21番1号

交差点の形状・特徴・通行状況

この交差点は、十字路が2つ近接しており、実質は六差路に近い。交差点それぞれの角に高層建築物等があり、見通しが悪い。付近に商業施設、官公庁、オフィスビル等が多数あるため、車両だけでなく通勤・通学の歩行者や自転車も多い。仙台駅前を経て北に抜ける市道と、仙台市中心部から仙台港方向に向かう国道45号が交わる交差点で、交通量が多いため、恒常的に渋滞している。

事故の被害状況等

この交差点は、重傷事故が1件、軽傷事故が9件発生している。第一当事者の年代は、64歳以下が9人、65歳〜74歳が1人となっている。

件数が多い事故類型の主な要因と予防方策

【追突事故】
要因:脇見などで、前の車の動きをよく見ておらず、赤信号などで停止した前車に気付くのが遅れ追突する。
予防方策:十分な車間距離を保ち、前車を含めた交通環境全体に注意を払う。
【右折事故】
要因:他の車線(他の車両の有無)に気を取られ、安全確認が不十分なまま右折し、交差点出口の横断歩道を横断していた自転車と衝突する。
予防方策:自転車を含めた交通環境全体に十分な注意を払う。
予防方策:車両の陰に隠れた自転車を見落とす可能性があるので、横断歩道手前ですぐに停止できる速度で進行する。
【左折事故】
要因:他の車線(他の車両の有無)に気を取られ、安全確認が不十分なまま左折し、交差点出口の横断歩道を横断していた自転車と衝突する。
予防方策:自転車を含めた交通環境全体に十分な注意を払う。
予防方策:車両の陰に隠れた自転車を見落とす可能性があるので、横断歩道手前ですぐに停止できる速度で進行する。
【出会い頭事故】
要因:信号無視による。
予防方策:交通ルールを守る。(運転中は、緊張感をもって運転に集中する)
予防方策:信号の変わり目に無理に交差点に進入しない。(ゆとりのある運転を心がける)

事故発生件数

平成26年事故発生件数:10件

▼事故類型別件数

事故類型の解説

▼交差点写真

写真はGoogle Mapの航空写真です。

Google Mapの中心付近に当該交差点が表示されています。拡大・縮小やスクロールを行って周囲の状況をご確認ください。

※グラフや画像がうまく表示されない場合は、右の更新ボタンを押してください。