ワースト2:中央病院前交差点

一覧に戻る  マップのトップに戻る

住所

周南市瀬戸見町10番9号先

交差点の形状・特徴・通行状況

この交差点は、上下線とも3車線あり、かつ中央分離帯が設けられているため面積が大きい四差路交差点で、下松方面から周南方面に向け、やや下り勾配となっている。交差点周辺には、店舗や病院等が建ち並んでいるほか、上下線とも自転車道が設けられている。国道2号線上にあり通勤道路であるため自転車通学者や歩行者が多い。国道2号沿いに飲食店等の店舗が多数あり、路外に出入りする車両が多い。休日は市外からの車両も多く、地理不案内の車両が中央分離帯の切れ目からUターンする場面も多く見られる。深夜・早朝に物流関係の交通量が多い。

事故の被害状況等

この交差点は、重傷事故が2件、軽傷事故が6件発生している。第一当事者の年代は、64歳以下が7人、65歳〜74歳が1人となっている。

件数が多い事故類型の主な要因と予防方策

【追突事故】
要因:道路沿いに店舗が多いため、脇見をするドライバーが多い。
予防方策:前の車の動きを良く見る。安全な車間距離をとる。
【右折車と直進車の事故】
要因:交通量が多く、右折時に対向車両が途切れないため、ドライバーが安全確認を怠ったまま急いで右折する。
予防方策:余裕を持って右折をする(右折できるか迷った時は待っておく)。対向車両の動き(速度等)をよく見て、安全確認を確実に行う。
【左折事故】
要因:自転車通学の経路となっているため、車両が左折時に安全確認を怠り、巻き込み事故が起きる。
予防方策:左折時の基本である、巻き込み事故防止のための確認を確実に行う。
予防方策:横断歩道等だけでなく、その前後に横断しそうな自転車等がいないか、広い範囲の安全確認を実施する。

事故発生件数

平成26年事故発生件数:8件

▼事故類型別件数

事故類型の解説

▼交差点写真

写真はGoogle Mapの航空写真です。

Google Mapの中心付近に当該交差点が表示されています。拡大・縮小やスクロールを行って周囲の状況をご確認ください。

※グラフや画像がうまく表示されない場合は、右の更新ボタンを押してください。