ワースト2:消防局前交差点

一覧に戻る  マップのトップに戻る

住所

松山市本町6丁目6番地1先

交差点の形状・特徴・通行状況

この交差点は、四差路交差点で、南北の道路中央が軌道敷となっており、消防署前のため、緊急車両の出入りがある。北進すると信号機つきの踏切があり、さらにその先で車線が減少していることから、朝夕の通勤時間帯や電車通過時に混雑することが多い。東進した先には大学等の教育施設が多く、歩行者や自転車の通行が多い。

事故の被害状況等

この交差点は、重傷事故が1件、軽傷事故が5件発生している。第一当事者の年代は、64歳以下が5人、75歳以上が1人となっている。

件数が多い事故類型の主な要因と予防方策

【追突事故】
要因:遠くを見ながら進行したため、前方で停止している車両に気づくのが遅れたことによる。
要因:周りの車両が動いたため発進したことによる。
予防方策:運転に集中し、前方車両の動きをよく見ること、車間距離を十分にとることを心がける。
予防方策:周りの車両の動きに惑わされず、前方車両の動きをよく見るよう心がける。
【右折車と直進車の事故】
要因:安全確認が不十分なまま右折したため、対向車線を直進してきたバイクに気づくのが遅れたことによる。
予防方策:右折の際は、対向車線を十分に確認し、無理な右折をしない。
【左折事故】
要因:安全確認が不十分だったため、自転車通行帯のある横断歩道を横断していた自転車に気づくのが遅れたことによる。
予防方策:左折の際は、進行方向の横断歩道等や左右を十分に確認する。

事故発生件数

平成26年事故発生件数:6件

▼事故類型別件数

事故類型の解説

▼交差点写真

写真はGoogle Mapの航空写真です。

Google Mapの中心付近に当該交差点が表示されています。拡大・縮小やスクロールを行って周囲の状況をご確認ください。

※グラフや画像がうまく表示されない場合は、右の更新ボタンを押してください。