ワースト4:美野島交差点

一覧に戻る  マップのトップに戻る

住所

福岡市博多区美野島二丁目1番26号

交差点の形状・特徴・通行状況

この交差点は、五差路交差点で、東西方向の県道桧原比恵線(百年橋通り)と南北方向の国道385号・こくてつ通りとが交わる交差点である。交差点の北側出口のすぐ先に小柳通りが、東側の美野島アンダーパス沿いにも側道が接続しており、複雑な交差点形状となっている。東側は美野島アンダーパスから交差点に向かって上りになっている。また、東側の美野島アンダーパスから北側へは右折禁止となっており、アンダーパスを上りきるまで左右の壁により見通しは悪い。南側は跨線橋から交差点に向かって下りとなっているが、右折車線が2本に対し直進左折車線が1本しかなく、さらに美野島3丁目交差点バス停があることから、直進する車両の流れが悪くなっている。百年橋通りからこくてつ通りは右折禁止であるが、それを無視して右折を敢行する車がある。東側はキャナルシティや博多駅方面、西側は外環状道路や大橋駅方面、南側は国道3号や空港方面、北側は日赤通りや天神方面に向かう車両で混雑しているため恒常的に交通量が多い。特に朝夕の通勤時間帯に渋滞している。

事故の被害状況等

この交差点は、軽傷事故が17件発生している。第一当事者の年代は、64歳以下が14人、65歳〜74歳が2人、無申告事故が1件となっている。

件数が多い事故類型の主な要因と予防方策

【追突事故】
要因:脇見運転による。
予防方策:運転に集中し前方車両の動きをよく見ること、十分な車間距離をとることを心がける。
【右折事故】
要因:漫然と右折を開始したり、先行する車両に続いて右折するなど、安全不確認が不十分であったことによる。(右折車両)
要因:右折車両が停止するだろうという優先意識や思い込みによる。(自転車)※7件全て自転車が第2当事者の事故である
予防方策:右折を開始する前に横断歩道や周囲の安全を確認する。(右折車両)
予防方策:自分が優先であると油断せず、右折する車両の動きを注視する。(自転車)
予防方策:路面表示等による注意喚起を促す。
【左折事故】
要因:左折時の確認が不十分で左後方を進行してくる自転車やバイクを見落とし巻き込んだことによる。
予防方策:左折の際は速度を落とすとともに、ミラーや自分の目で十分に左後方の安全を確認する。特に自車の左後方からの二輪車・自転車の動静に注意する。

事故発生件数

平成26年事故発生件数:17件

▼事故類型別件数

事故類型の解説

▼交差点写真

写真はGoogle Mapの航空写真です。

Google Mapの中心付近に当該交差点が表示されています。拡大・縮小やスクロールを行って周囲の状況をご確認ください。

※グラフや画像がうまく表示されない場合は、右の更新ボタンを押してください。