ワースト5:塩田交差点

一覧に戻る  マップのトップに戻る

住所

本宮市本宮字塩田37番の2

交差点の形状・特徴・通行状況

この交差点は、南北に走る国道4号と東西に走る市道が交わる十字路交差点である。国道は片側2車線(交差点進入部は右折レーンがあり3車線)、市道は片側1車線(東側の交差点進入部は右折レーンがあり2車線)となっている。国道は、北から南に緩やかな下り坂で緩やかな左カーブ。交差点には定周期式信号機が設置され、4方向ともに横断歩道が設置されている。国道4号のため道幅は広く、常に交通量は多いものの比較的スムーズに流れている。また深夜・早朝に物流関係の交通量が多い。

事故の被害状況等

この交差点は、軽傷事故が7件発生している。第一当事者の年代は、64歳以下が5人、65歳〜74歳が1人、75歳以上が1人となっている。

件数が多い事故類型の主な要因と予防方策

【追突事故】
要因:脇見等の前方不注意による。
要因:前車がそのまま進行するものと思って前車の動きを確認しないまま進行する等の動静不注視による。
予防方策:脇見等することなく運転に集中し、前方の安全確認をしっかり行う。
予防方策:前車がある場合は、その動きをよく確認しながら、十分な車間距離を確保して運転する。
【右折車と直進車の事故】
要因:脇見等による信号の見落としによる。
要因:対向車との距離感覚の誤りによる。
予防方策:前方や交差点の状況、信号機をしっかり確認する。
予防方策:右折の場合は対向車や横断者に注意し、直進の場合でも右折車に十分注意する。

事故発生件数

平成27年事故発生件数:7件

▼事故類型別件数

事故類型の解説

▼交差点写真

写真はGoogle Mapの航空写真です。

Google Mapの中心付近に当該交差点が表示されています。拡大・縮小やスクロールを行って周囲の状況をご確認ください。

※グラフや画像がうまく表示されない場合は、右の更新ボタンを押してください。