ワースト1:流川交差点

一覧に戻る  マップのトップに戻る

住所

宇部市大字妻崎開作2037-1

交差点の形状・特徴・通行状況

この交差点は、主道路である国道190号に対し、南側には信号機で制御されていない脇道を含め3つ道路、北側には1つの道路が接続する変則の六差路となっている。国道190号と南北に交差する従道路は交差点部を中心に緩やかではあるが「く」の字に折れ曲がっている。西から南へ右折する際、3つの道路があり、手前の道路に右折する場合は右折車線から交差点に進入するが、先の道路には右折する場合、「右折車線から」か「真ん中の直進車線から」のどちらから道路中央に寄ることになるのか分かりにくい道路表示となっている。1日のうち、朝夕の通勤・退社時間帯に交通量が集中している。

事故の被害状況等

この交差点は、重傷事故が3件、軽傷事故が6件発生している。第一当事者の年代は、64歳以下が8人、65歳〜74歳が1人となっている。

件数が多い事故類型の主な要因と予防方策

【追突事故】
要因:前(前車)を見ていないことによる。
予防方策:運転に集中し前(前車の動き)をよく見る。
【右折事故】
要因:他の横断者に気をとられ、直前の横断者等を見落とす。
予防方策:右折前に横断歩道、その周辺の横断者等の有無を確認する。
【右折車と直進車の事故】
要因:対向車の速度や距離の判断を誤ることによる。
要因:右折を開始すれば、対向車が減速してくれると思い込むことによる。
予防方策:対向車の動きに注意する。
予防方策:無理をしない。

事故発生件数

平成27年事故発生件数:9件

▼事故類型別件数

事故類型の解説

▼交差点写真

写真はGoogle Mapの航空写真です。

Google Mapの中心付近に当該交差点が表示されています。拡大・縮小やスクロールを行って周囲の状況をご確認ください。

※グラフや画像がうまく表示されない場合は、右の更新ボタンを押してください。