ワースト4:中央病院前交差点

一覧に戻る  マップのトップに戻る

住所

周南市瀬戸見町10番9号先

交差点の形状・特徴・通行状況

この交差点は、四差路交差点で、東西道路(国道2号)が東から西にかけて緩やかな下り坂となっている。また南北道路が南から北にかけて下り坂となっている。東西道路(国道2号)の同交差点東側に約300メートル間隔で連続して信号交差点がある。交差点北東側に総合病院(徳山中央病院)があり、混雑することが多い。周南市街で、信号交差点が付近に連続してあるため、朝夕に限らず渋滞する場合もある。

事故の被害状況等

この交差点は、重傷事故が1件、軽傷事故が6件発生している。第一当事者の年代は、64歳以下が6人、65歳〜74歳が1人となっている。

件数が多い事故類型の主な要因と予防方策

【追突事故】
要因:脇見運転をし、渋滞のため停止した車両に追突したことによる。
要因:直前の車両は停止しているにもかかわらず、さらに前方の車両が発進したことから自車を発進させ追突したことによる。
予防方策:前方車両の動きを確認し、十分な車間を保つ。
予防方策:緊張感を持った運転を心がける。
【右折事故】
要因:他の歩行者、直進車両に気を奪われて相手の発見が遅れる。
要因:交差点手前が下り坂となっていることから、自転車利用者が減速不十分のまま交差点に進入したことによる。
予防方策:右折時に再度安全確認をする。(一気に右折しない、交差点付近の自転車にも注意する) 予防方策:自転車も交差点を横断する際は「右折車は自転車に気付いていない」と考えて、減速・安全確認・動静注視を徹底する。

事故発生件数

平成27年事故発生件数:7件

▼事故類型別件数

事故類型の解説

▼交差点写真

写真はGoogle Mapの航空写真です。

Google Mapの中心付近に当該交差点が表示されています。拡大・縮小やスクロールを行って周囲の状況をご確認ください。

※グラフや画像がうまく表示されない場合は、右の更新ボタンを押してください。