ワースト1:高出和手信号交差点

一覧に戻る  マップのトップに戻る

住所

塩尻市大字広丘高出1545番地1(南西角地物番地)

交差点の形状・特徴・通行状況

この交差点は、四差路交差点であるが、南北(国道19号)の道路に対し、東西(市道)の道路が極端に幅員が狭い。南方隣に国道20号と交わる高出信号交差点があり、その間隔が約60メートルと短い。国道進行車両に対して右折禁止の規制をしているが、違反をして右折した車両が直進車両と衝突する事故も発生している。地元の生活道路の役割もあり、国道19号沿いに飲食店、学校等が立ち並び、車両、歩行者を含め交通量は多い。朝、夕の通勤時間帯や、土日には交通量が増し、松本市内から塩尻市内にかけて渋滞気味になる。南隣には、国道20号との合流(分岐)する高出交差点があるため、物流関係の車両も多いのが特徴で、高出交差点での渋滞による影響も受ける。

事故の被害状況等

この交差点は、軽傷事故が10件発生している。その他に物件事故も17件発生している。第一当事者の年代は、64歳以下が8人、65歳〜74歳が2人となっている。

件数が多い事故類型の主な要因と予防方策

【右折車と直進車の事故】
要因:右折禁止場所を右折する車両が事故を引き起こしている。(人身事故3件、物件事故2件発生している)
予防方策:標識をよく確認し、ルールを守る。
【出会い頭事故】
要因:全て信号無視が原因で事故が起きている。(人身事故7件、物件事故7件発生している)
予防方策:信号の灯火をよく確認する。

事故発生件数

平成28年事故発生件数:10件

▼事故類型別件数

事故類型の解説

▼交差点写真

写真はGoogle Mapの航空写真です。

Google Mapの中心付近に当該交差点が表示されています。拡大・縮小やスクロールを行って周囲の状況をご確認ください。

※グラフや画像がうまく表示されない場合は、右の更新ボタンを押してください。