悪質リフォーム業者に関する消費者向け注意喚起チラシを作成
(2012.2.21)

 社団法人日本損害保険協会北海道支部(委員長 倉谷 宏樹)では、「火災保険を使用して無料で住宅修理(リフォーム)を行う」などと消費者に持ちかけるリフォーム業者がいてトラブルが続いていることから、このたび消費者に注意を呼びかけるチラシを作成しました。

 チラシでは「損害保険を使って住宅を修理する場合には、事前に必ずご契約の損害保険会社または損害保険代理店にご相談ください」と注意喚起しており、このチラシを火災保険の契約者や道内の消費者相談窓口などに配布します。

 なお、これまでも当支部では、2011年3月に道内の消費者相談窓口に「雪害等の保険修理を持ちかける修理業者について」の文書を発信し、(1)保険による修理を持ちかけられた消費者から、消費生活相談窓口への相談があった場合、損害保険会社または損害保険代理店に直接照会するように助言いただきたい旨、(2)各自治体の広報誌等に修理業者によるトラブルが発生していることを掲載いただきたい旨依頼し、消費者への注意喚起活動を行っています。

悪質なリフォーム業者に関する消費者向け注意喚起チラシ