消費者庁主催の「消費者支援功労者表彰」について
(2013.4.24)

 一般社団法人 日本損害保険協会(会長:柄澤 康喜)は、消費者庁が主催する平成25年度の「消費者支援功労者表彰」において、「ベスト消費者サポーター章」を授章しました。

 「消費者支援功労者表彰」は、消費者利益の擁護・増進のために各方面で活躍している方々を表彰する制度として、1985年より実施されており、個人だけではなく『新しい公共』の重要な担い手である消費者団体・グループも幅広く表彰されています。

 今回の授章で挙げられている主な活動実績は次のとおりです。

  • 消費者からの相談・苦情受付を行う「そんぽADRセンター」を設置し、保険会社との間のトラブルに関する苦情・紛争の解決を支援。
  • 東日本大震災発生時には迅速に現地相談窓口等を設置、保険金請求案内等、被災者の生活再建の一助に尽力。
  • 消費者と保険会社の情報量のギャップを埋めるため消費者講演会等に講師を派遣すると共に、小学生を対象に体験型防災教育プログラム「ぼうさい探検隊マップコンクール」を実施。

 当協会が行ってきた消費者支援活動が高く評価されたものと考えています。引き続き、損害保険に関する相談・苦情対応や普及啓発・理解促進に資する事業を推進し、業界一丸となってより良い消費者サービスに取り組んでいきます。