IAISが実施したマネーロンダリング対策・テロ資金供与対策に関するパブリックコメントに意見書を提出
(2013.8.20)

 保険監督者国際機構(International Association of Insurance Supervisors:IAIS)の「マネーロンダリング対策」および「テロ資金供与対策」に関する2 件のパブリックコメントに対して意見書を提出しました。

「ICP22(マネーロンダリング対策およびテロ資金供与対策)」に関する意見


「マネーロンダリングおよびテロ資金供与対策に関するアプリケーションペーパー」に関する意見


 IAIS は2011 年に「保険基本原則と付随する基準・指針(ICP)」を全面改訂しています。
 その後、ICP の項目のうち、マネーロンダリング対策およびテロ資金供与対策に関する項目(ICP22)の改訂を行い、6月24 日(月)からパブリックコメントに付しています。

 今回の改訂は、2012 年2 月に公表された金融活動作業部会(Financial Action Task Force on Money Laundering:FATF)による「第4 次FATF 勧告」および2013 年2 月に公表された「FATF 勧告の技術的遵守状況、マネーロンダリング対策およびテロ資金供与対策システムの有効性の評価手法」を反映させたものです。

 また、IAIS は保険事業部門において、マネーロンダリング、テロ資金供与の発生事例およびリスクコントロール手法の情報提供を行うため、「マネーロンダリングおよびテロ資金供与対策に関するアプリケーションペーパー」を策定し、6月24 日(月)からパブリックコメントに付しています。このアプリケーションペーパーはICP22を補完するものです。

 今回の改訂に反映された「FATF 勧告の技術的遵守状況、マネーロンダリング対策およびテロ資金供与対策システムの有効性の評価手法」は、マネーロンダリングまたはテロ資金供与に対する技術的遵守状況だけでなく、これらのリスクに対するシステムの有効性も重視しています。

 当協会は「リスク自体が低い場合やFATF 勧告にない代替手段であっても、一定の有効性が評価される場合が例外的に存在しうることをICP22 の本文中に含めるべき」との意見を表明しました。 また、「マネーロンダリングおよびテロ資金供与対策に関するアプリケーションペーパー」がFATF 勧告に対する追加的な規制とならないことを改めて確認するよう、意見書で要請しました。

ご参考

「保険基本原則と付随する基準・指針(ICP)」

健全な保険セクターを促進し、適切に保険契約者を保護するために必要な保険監督にあたっての基本原則などを定めたIAIS の監督文書。