2013年度(第40回)ISJ(日本国際保険学校)一般コースを開講
〜東アジア13地域の保険実務家が日本の制度・実務等を学び、論議〜
(2013.10.9)

 日本損害保険協会(会長:二宮 雅也)は、公益財団法人損害保険事業総合研究所(損保総研)と共催で、2013年度(第40回)ISJ(日本国際保険学校、Insurance School (Non-Life) of Japan)一般コースを「日本の損害保険とリスク・マネジメント」をメインテーマに10月21日(月)から11月1日(金)までの約2週間にわたり開講します。(東アジア13地域の損害保険会社、保険監督官庁等の職員が講義やワークショップに参加。)

 一般コースでは、個々の損害保険やリスク・マネジメント実務の背後にある考え方を、具体的事例に基づき学んでもらうプログラム編成としています。今回のコースではこれまでの参加者アンケートの結果や参加地域の保険監督官庁、保険協会等から聴取した要望を踏まえ、「広域自然災害の損害調査」や「貨物輸送リスクのマネジメント」も取り上げています。保険監督に関する講演を金融庁、家計地震保険に関する講演を財務省に担当いただく他、当協会会員会社等の第一線で活躍している各分野の専門家や、損保総研、当協会等の役職員が講師を務めます。

 一般コースでは、講義だけではなく多様な保険市場から集まった参加者間の双方向の情報・意見交換を通して、課題に対する理解を深めることも目指しています。参加者は本コースで学んだことを踏まえ、最終日にグループ発表も行いますが、この発表には準備段階から会員会社の社員も加わり参加者とともに情報・意見交換を行い、各市場の抱える課題に対するより良い解決策を探ります。

ご参考

 ISJは、国連貿易開発会議(UNCTAD)の勧告および東アジア保険会議(EAIC)の要請に基づき、当協会と損保総研の共催で、1972年から毎年、東アジア諸地域に対する技術援助プログラムとして開講している国際的保険研修プログラム。

1991年には、保険審議会答申を踏まえ、従来の一般コースに加え上級コースを設けたほか、1993年からは参加各地域に講師を派遣するISJ海外セミナーも実施。

 当協会では、ISJをはじめ、様々な機会を通して、東アジア保険市場との相互理解、交流を深めており、ISJ期間中だけではなく、参加者帰国後もOB会報での情報提供や保険実務に関する照会への回答等、卒業生との関係維持にも努めている。

 これまでの一般・上級コース卒業生は、延べ1,700名以上に上り、多くの卒業生が保険長官、保険協会長をはじめ、各保険市場の重要なポストについて活躍。