リサイクル部品に関するアンケート(第3回)
〜前回に引き続き、使用者の9割以上がリサイクル部品の使用に「満足」〜
(2014.3.19)

 日本損害保険協会(会長:二宮 雅也)では、リサイクル部品に対する自動車ユーザーの意識や利用実態を把握し、一層の活用を推進するため、2013年10月1日(火)から11月30日(土)のリサイクル部品活用推進キャンペーン期間中に、リサイクル部品に関するアンケートを実施しました。
 アンケートは自動車ユーザーをはじめとする一般消費者を対象にインターネット等で行い、10代以上の男女10,477人から回答を得ました。同キャンペーンでのアンケートは今回で3回目となります。
 集計結果の概要は次のとおりです(詳細は下記PDFファイル参照)。


アンケート結果(PDFファイル)

リサイクル部品を使用したきっかけ[設問3-1]

 最大のきっかけは「修理業者の案内」(58.5%)。修理業者の果たす役割は大きい。


リサイクル部品を使用した感想[設問3-4]

 「満足」とする回答が97.1%。リサイクル部品に対する満足度は非常に高い。

リサイクル部品を使用した感想の理由[設問3-5]

 満足とする理由では「価格(修理費)」が86.5%で最大。不満とする理由では「品質・安全性」が1.8%。


リサイクル部品による修理経験がない理由[設問4]

 「リサイクル部品の存在を知らなかった」29.3%、「修理業者や保険会社から案内されなかった」16.5%、「リサイクル部品に不安・不満があった」3.4%で、リサイクル部品の潜在需要は大きい。


「リサイクル部品使用経験の有無」[設問2]と「リサイクル部品についての印象」[設問1]のクロス集計

 リサイクル部品の使用経験者が「修理費が安い」というコスト面のメリットを感じる割合は、使用経験のない人の3倍。リサイクル部品に不安を感じる割合は、使用経験のない人の半分以下。


「リサイクル部品を使用した感想」[設問3-4]と「リサイクル部品についての印象」[設問4]のクロス集計

 リサイクル部品の使用に「満足」とする人では、「環境に優しい」と「修理費が安い」を挙げる割合が同程度。リサイクル部品の使用に「不満」とする人の68.8%の人がリサイクル部品に対して肯定的な印象を持っ ている一方、25.0%の人が品質・安全性に不安を感じている。


「リサイクル部品使用経験の有無」[設問2]と「リサイクル部品の今後の利用意向」[設問5]のクロス集計

 リサイクル部品を使用した経験がある人は、再利用の意向が強くなっている。