モンゴル国際保険フォーラムに参加
〜「市場を守るうえでの金融監督者の役割と意義」をテーマに日本の現状を発表〜
(2014.5.1)

 日本損害保険協会(会長:二宮 雅也)では、4月16日(水)・17日(木)にモンゴル・ウランバートルで開催された国際保険フォーラム「Inclusive Insurance 2014」に、当協会の深田一政常務理事と大熊 孝 国際部長が参加しました。今回の参加は、金融庁からの推薦を受けて実現したものです。

 このフォーラムは、モンゴル金融監督委員会(FRC)と国連開発計画(UNDP)の主催、モンゴル保険協会(MIA)などの協賛で、貧困削減活動の一環としてマイクロインシュアランス(※)を中心に、保険の普及の重要性と政策推進を目指して開催されたものです。モンゴルだけでなくアジアを中心に各国から保険監督者・業界関係者約200名が参加しました。
(※)開発途上国の低所得者層向けに設計された、低価格・低コストで提供される保険。

 深田常務理事はパネルディスカッションに出席し、「市場を守るうえでの金融監督者の役割と意義」をテーマに日本の現状を発表しました。金融庁が進めるベター・レギュレーションと、これに呼応する損保業界の自主的な規律の確立や消費者保護に向けた業務品質向上を説明し、健全な損保市場の形成には官民の共働が重要であると述べました。モデレーターや会場からの問いかけに対しても積極的に意見を述べ、当協会の考えを参加者に伝えました。FRCやUNDP、各国からの参加者から「素晴らしいプレゼンテーションだった。特に官民共働は興味深い」などの感想が寄せられ、高い評価を得ました。

 また、モンゴルFRCのバヤーセアハン(BAYARSAIKHAN)議長、ヘルレン(KHERLEN)副議長、ガンボルト(GANBOLD)保険部長、ジャフラント(JAVKHLANT)損保局長らと、両国の保険市場について情報交換を行ったほか、2010年12月に「協力覚書」を締結しているモンゴル保険協会(MIA)とは個別に会談を行い、バトーシ(BAT-ORSHIKH)会長、バッジャガール(BATJARGAL)CEOらと両協会間の交流促進について意見交換を行うなど、両業会間の交流を深めました。

プレゼンを行う深田常務理事 プレゼンを行う深田常務理事

左から、大熊部長、ヘルレン副議長、 
深田常務理事、ガンボルト保険部長 
左から、大熊部長、ヘルレン副議長、
深田常務理事、ガンボルト保険部長