高校家庭科教師対象の夏季セミナー開催案内
〜東京・名古屋・大阪・福岡で、生活設計と保険に関する知識と理解を深めてもらう〜
(2014.5.20)

 日本損害保険協会(会長:二宮 雅也)では、公益財団法人 生命保険文化センターとの共催で、高等学校の家庭科教師を対象とした夏季セミナー「くらしとリスク管理」を開催します。

 東京(7月28日(月)・損保会館)、名古屋(7月29日(火)・名古屋国際センター)、大阪(7月31日(木)・梅田センタービル)、福岡(8月1日(金)・博多バスターミナル)の4都市で、10時から15時30分までの予定です。

 このセミナーは、2006年度から開催しており、今回で9回目となります。高等学校の教育現場で活躍している先生方に、生活設計と保険に関する知識と理解を深めてもらうためのものです。概要は次のとおりです。

概要

1. 基調講演
 <東京・大阪>日本女子大学 家政学部教授 天野 晴子 氏
          「(仮)多様化するライフコースにおける生活設計教育とリスク管理」
 <名古屋・福岡>宇都宮大学 教育学部教授 赤塚 朋子 氏
          「(仮)生活資源と社会志向社会」

2. 学校向け教材等のご紹介(生命保険文化センター・日本損害保険協会)

3. 高等学校教師による授業実践報告
 <東京・名古屋>京都府立洛北高等学校 家庭科教諭 竝川 幸子 氏
 <大阪・福岡>東京都立小平西高等学校 家庭科教諭 渡辺 真理子 氏

4. グループ形式による意見交換

 昨年度のアンケート結果では、「大変役に立った」「今後の授業に活かそうと思った」などの声が多数寄せられ、参加者から高い評価を得ています。

 参加費は無料です。セミナーに参加いただいた方には「受講修了証」を発行します。

申込

 申込は、生命保険文化センターのホームページで受け付けています(7月16日(水)締切)。たくさんの先生方の参加をお待ちしています。
生命保険文化センターのホームページ(外部リンク)