「知っていますか?自転車の事故」が優秀賞
〜第9回消費者教育教材資料表彰で、6回目の受賞〜
(2014.5.30)


 

 日本損害保険協会(会長:二宮 雅也)では、自転車事故防止啓発冊子「知っていますか?自転車の事故〜安全な乗り方と事故への備え」が公益財団法人消費者教育支援センター主催「第9回消費者教育教材資料表彰(企業・業界団体対象)」の優秀賞を受賞しました。

 本表彰は、企業・業界団体が作成した教材資料を対象に、教育現場で効果的に活用できる教材を評価するもので、25点の応募教材から「印刷資料部門」の一つに選定されました。評価された点は次のとおりです。
・自転車事故が多くなっているため、その防止に向けて簡潔に見やすくまとまっている。
・近年問題になっている自転車の加害事故について明記している。
・マナーへの苦情も多い自転車の乗り方について気づくことができる内容になっている。

 6月20日(金)に行われる表彰式には、当協会の深田 一政 常務理事が出席し、表彰を受ける予定です。

消費者教育教材資料表彰

○企業や業界団体等が作成した啓発資料等を表彰することにより、学校における消費者教育の充実発展に寄与することを目的として1997年に創設。


○印刷資料部門、視聴覚資料部門、実験実習部門、Webサイト部門を設置。


○募集および表彰は隔年で行われ、有識者8名で構成する選考委員会(委員長:日本消費者教育学会長 西村 隆男 横浜国立大学教授)で受賞を決定。

○「優秀賞」を選定・公表し、その中から翌年、教育現場の先生の感想やアンケートを基に「最優秀賞」、「特別賞」を選出。

○当協会では、前回(第8回)も、「授業実践プログラム」が印刷資料部門において優秀賞を受賞するなど、過去5回の受賞実績がある(「消費者教育支援教材資料(企業・業界団体対象)優秀賞受賞歴」参照)。
 ・第3回(2001年度)「仮想生活ゲームで学ぶ(実験実習部門)
 ・第4回(2003年度)「くらしの安全・安心マンガゼミナール」(印刷資料部門)
 ・第5回(2005年度)「小学生向け実践的防災教育プログラム ぼうさい探検隊」(実験実習部門)
 ・第7回(2009年度)「消費者向け専用サイト『そんぽのホント』」(Webサイト部門)
 ・第8回(2011年度)「授業実践プログラム」(印刷資料部門)


消費者教育教材資料表彰(企業・業界団体対象)(外部リンク)

(参考)公益財団法人消費者教育支援センター

 青少年等を対象とした消費者教育に関する調査研究および各種事業を実施することにより、消費者教育の総合的かつ効果的な推進に寄与することを目的に、1990年2月23日設立(2012年4月1日公益財団法人へ移行)。理事長は、高部 和子 氏(全国家庭科教育協会会長を歴任)。