国際保険監督規制に係る情報提供を拡充
〜IAIS文書の日本語版、解説資料等をホームページに掲載〜
(2015.12.1)

 日本損害保険協会(会長:鈴木 久仁)は、国際保険監督規制の理解促進への更なる貢献を意図して、当協会ホームページにおける保険監督者国際機構(International Association of Insurance Supervisors:IAIS)の基準策定活動や欧米の保険監督規制の諸問題等に関する情報提供を拡充しました。

 当協会では従来、IAISをはじめとする国際機関が策定する主な保険監督規制、欧州のソルベンシー?、米国の再保険担保規制等について、規制の概要や市中協議への対応をまとめた資料を「国際保険監督規制」と題したページにまとめて掲載しています。

 当協会はこの度、国際保険監督規制に係る情報提供拡充の一環として、当該ページに以下のコンテンツを追加しました。

・IAISが2015年10月に策定し、G20が同年11月に承認した、「システム上重要なグローバルな保険会社に適用する上乗せ資本(Higher Loss Absorbency:HLA)要件」の概要説明資料

・IAIS等の主な保険監督規制文書・直近の市中協議文書の日本語版:

−HLA文書

−国際的に活動する保険グループに対する国際保険資本基準(Insurance Capital Standard:ICS)市中協議文書

−HLA要件の土台となるベーシック資本要件(Basic Capital Requirement:BCR)文書

−国際的に活動する保険グループの監督のための共通枠組み(Common Framework for the Supervision of Internationally Active Insurance Groups:ComFrame)市中協議文書、等

 当協会では今後もホームページのコンテンツを適時更新し、充実させていく予定です。