火山災害対策イベントをインターネット配信
〜12月20日に熊本県で開催するシンポジウムを生中継で配信〜
(2015.12.18)

 日本損害保険協会(会長:鈴木 久仁)では、12月20日(日)に熊本県で開催するイベント「近年の火山活動から考える一般市民のための火山災害対策」の様子をインターネット動画配信サービスUstreamでライブ配信します。
 イベントでは「日本の火山活動が活発になっているけど阿蘇山は大丈夫?」、「噴火が起きたらどんな被害が起きるの?」、「噴火に備える事前対策は何をすべきか分からない」など、あなたが知りたい火山災害対策について、近年の火山活動の動向とともにお伝えします。
 いつ発生するか分からない火山災害について知っていただき、火山災害に備えていただくきっかけになることを期待しています。

インターネット配信の視聴方法

イベントは終了しました。ご視聴ありがとうございました。

「近年の火山活動から考える一般市民のための火山災害対策」の概要

○日時: 2015年12月20日(日)13:30〜16:00(予定)
○場所: くまもと森都心プラザ 6階 A・B会議室
○概要:
・基調講演   「近年の火山活動の動向、火山災害とは」
  講師:清水 洋(九州大学大学院理学研究院教授/火山噴火予知連絡会副会長)
・シンポジウム 「今後、必要となる火山災害対策とは」
  コーディネーター:木村 拓郎(一般社団法人減災・復興支援機構理事長)
  パネリスト: 池辺 伸一郎(公益財団法人阿蘇火山博物館館長)
岩田 孝仁(静岡大学教授/前静岡県危機管理監/内閣府火山防災エキスパート)
清水 洋(九州大学大学院理学研究院教授/火山噴火予知連絡会副会長)
宮下 加奈(ネットワーク三宅島代表/
     火山地域の市民団体相互支援ネットワーク 事務局長)
○主催: 一般社団法人 日本損害保険協会
○後援: 内閣府政策統括官(防災担当)、(公財)阿蘇火山博物館